スポーツが日本の国民性を超える時

先日出演したPodcastでは、非常に良い質問をいくつも投げかけてもらった。今回の投稿についても、そのアンサーとして話したことで、書き留めておく価値があるな、と思ったもの。質問の内容は、『日本人ってどうしてもワー!となれない人種じゃないですか?それって今後日本におけるスポーツ観戦のあり方的にどう思われますか?』そんな感じだった。 (さらに…)

心震わせる仕事

仕事をしてて、なかなか泣くことってない。と言ったものの、僕は多い(笑)好きなことを仕事にできているから、ではなく、単純にそういう心震わせるような仕事ってあるよね、という話。 (さらに…)

僕なりに見えてきたセカンドキャリア支援のあり方

引退したアスリートは何をすべきか?   先日、僕がやりたい仕事に就けるまでの半生を過去の苦悩と合わせてお伝えしたわけだけど、今回は未来の話をしたいと思う。まずは、この段落のタイトルになっている問いかけへの回答をしよう。正直な話、模範回答はない。正解はないし、今でも様々な人が模索している。ただひとつ言えることは、その答えを見つけるために、がむしゃらに動き続けることが大事、ということだ。自分の人生は誰も背負ってはくれないし、自分にしか責任は取れないから。 (さらに…)

プロを諦めた時、僕は劣等感に押し潰されそうだった

田臥世代 そんな言われ方を僕らはされてきた。小学校からバスケに没頭する毎日で、中学時代、僕は関東圏のガードの中では指折りと言われていた。"平地か田臥か" なんて下馬評をもらうこともあった。出てくる名前は僕の方が先だった。彼が所属していた大道中との練習試合でも、スタッツは僕の方が遥かに上で、チームとしても負けたことは確かなかったと記憶してる。 (さらに…)

元NBA選手と岩佐潤選手が試合するって言うから観てきた!

ロッドマン、スコッティ・ピッペン。バスケ好きならピンと来る名前だろう。彼らがNBAを引退してから参加しているPBAAというバスケ団体がある。そのチームとアジア選抜がマレーシアで試合をすることになった。しかも、そのアジア選抜に僕の親友の岩佐潤選手が参戦するということで、行くしかない!と即決でマレーシアまで。試合の写真をメインにここでは紹介! (さらに…)