プロを諦めた時、僕は劣等感に押し潰されそうだった

田臥世代 そんな言われ方を僕らはされてきた。小学校からバスケに没頭する毎日で、中学時代、僕は関東圏のガードの中では指折りと言われていた。"平地か田臥か" なんて下馬評をもらうこともあった。出てくる名前は僕の方が先だった。彼が所属していた大道中との練習試合でも、スタッツは僕の方が遥かに上で、チームとしても負けたことは確かなかったと記憶してる。 (さらに…)