2016
04.18

”付き合う人を変える”ことで人は飛躍的に成長できる

雑談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
結論から言うと、インプットとアウトプットを繰り返せる環境を強制的に創ろう、という話です。付き合う人を変える、ということは、本質的な表現で言えば、『会う人を増やす』ということです。『今までの付き合いを断て!』という話ではありません。過去繋がった人たちとの繋がりはとても大切で、時にはかけがえのないモノになっていることもあります。ただ、こと”社会人”や”ビジネスパーソン”として、”飛躍的に成長すること”に興味を持っている場合は、オススメの方法がコレだと僕は確信してます。

grow2

新卒社員へのススメ

今旬な話題で言えば、新卒採用をされた社会人。まだまだビジネスパーソンと呼べるような存在ではないですが、それでも成長するため、やりたいことをやるため、と目を爛々とさせている人も多いでしょう。素晴らしいですね。ぜひとも応援したいです。僕の会社でも初の新卒社員が入社し、やる気に満ち溢れています。このやる気をぜひ成長に繋げて欲しいな、と思っています。

さて、そんな新卒くんや新卒さんたちが、飛躍的に成長するためには、今までの人付き合いのパターンを”大きく”変えることをオススメします。高校生ないしは大学生、専門学校生だった彼彼女は、きっとツルんできた仲間がいるでしょう。その繋がりが大切なのはわかります。大切にしてください。ただ、往々にして、その繋がりは”今入った会社の業界”には活かせない繋がりです。社会はそんなに甘くはなく、学生時代の楽しいお仲間は、仕事では助けになってくれません。ではどうするか?

同業界の人とドンドン繋がる

僕は敢えて、人脈という言葉の使い方をしていません。単純に、この僕が人と人との繋がりを”人脈”みたいなさぞ価値あるもの、のような表現を安っぽくしたくないからです。実際の人脈は金脈以上に重要なモノ、財産、だと僕は思っています。

まず今までに会って来なかった、新しい人たちと交流を深めることが重要です。過去の友人たちと過去を振り返り『あの時は最高だった』『あれは超良い思い出だ』みたいな”浸る”行為は今後の成長には、極端な話、必要ありません。とにかく、自分の所属する会社の業界の人や、その業界のオピニオンリーダーを言われる人などと積極的に関われるようにしましょう。新卒というのはラッキーなブランドで、真面目に考えた全うな理由があると、有名な方や重鎮の方にも会うことができるものです。業界を索引する人財は、若手の育成にとても興味があるし、それが必要なこと、だとわかっているからでしょうね。

あなたはすでに何人の方と出会いましたか?

その”新卒である”、という役得を社内でも最大限に活かすことが重要です。ある物は活かす。会社・先輩・上司は自分が活かせる最大限のアセット。これくらいの感覚を持つことが重要なんです。先輩社員とよく話す。先輩社員の飲み会に参加させてもらう。上司のアポに付いて行く。上司の会食に参加させてもらう。役員、社長と話す機会を持つ。彼らの会食にも隙あらば付いて行く。これくらいの図々しさが必要です。彼らとの繋がりも重要ですが、彼らの持っている繋がりに食い込むことも非常に重要です。

また、社内のみならず、社外に対しても貪欲に新たな人たちとの出会いを求めていきましょう。同業界飲みに参加する。クライアントや代理店と話す機会を持つ。クライアントとよく話し、時には会食に誘ってより深い部分まで聞く。

自分の仕事だけで忙殺されるような新卒時代に『そんな余裕ないよ!』と思うからしれません。でも騙されたと思って試して欲しいんです。どんどん新しい出会いを求め、出会う人を増やし、付き合う人を変えれば、自ずと仕事はできるようになるものです。

新しい人との繋がりは、新しい知識のインプットとイコールと言っても過言ではありません。会社の全容、向かう方向、業界の動向、この先必要とされるモノコト、たくさんの持っていない知識をインプットすることができます。こうした環境を強制的に自分に創ることは、成長に大きく寄与します。そして、結果も付いてきます。

キャリア社員へのススメ

もう3年目、5年目という人、そして中途採用で転職した人、まぁつまりは社会人1年目ではない人。そんなキャリア社員はどうコレをやるか、という話ですが、新卒社員と全く変わりません。同じです。過去の関係に留まらず、というよりは極端な話、過去とのつながりは断ち、積極的に新しい人へ会っていくべきです。

キャリア社員は良くも悪くも既成概念や固定概念が強いです。”今までのキャリア”や”今までの成功体験”に固執しがち。それはわかるんです。そうやって来たのだから。でも、そこから抜けられない人は、所詮今の自分の殻からは抜けられない。成長はもちろんするだろうけど、”飛躍的に”成長し、蝶になることは、できません。

過去の実績や関係に”居心地の良さ”を感じている場合はちょっと危険信号です。人間は、気持ちの良い状態でいたがる動物です。なので、そこから『挑戦しよう!』や『負荷をかけよう!』みたいな面倒なことから避けがちです。でもそんな人に成長はありません。努力をした人だけに訪れるものが成長であり、挑戦し続けなければ新しい自分は生まれないのです。その挑戦が失敗であれ、成功であれ、その先に成長という結果が待っているのです。

今の地点から歩を進める

特に3年目や5年目は成長が踊り場に来るもの。とにかく必死に働いてきた中で、フと考えるポイントだったりもします。『自分をより一段上に上げてくれるモノは何か?』そんなことを自問自答する時期です。いや、すべき時期、でしょうか。そんな時に、ぜひやってみてください。その時に良く会っている人と会う時間を減らすことを。居心地の良い場所を離れることを。こういうタイミングで、安易に転職を考えるのは、一番オススメできません。会社のせい、人のせい、環境のせいにすることは、大きな誤りで、どこへ行ってもその先には今の自分しかいません。ちょっと新しいことを知った自分しか。

新たな人に出会うこと、新たな話を聞くこと、すること、これは本当に大きな財産となります。それなくして前進はない、と僕は確信しています。自分の役職を活かす、自分の会社を活かす、自分の立場を活かす、今までの繋がりを活かす。いろんな方法で新たな人と出会う可能性は拡げられます。皆さんはその努力をしていますか?ただ待っていませんか?それともいつものメンバーで今週も飲んでませんか?

3年目や5年目、もしくは転職でもしてくれば、新卒の時や前職に比べ、立場は少しは上がっているものです。やれることも増えてるでしょう。その立場を活かすことが重要です。それこそ、新卒の時よりは社長や役員、上司のアポや会食にも参加させてもらえる立場になっているはすです。社長や役員、マネージャー層はたくさんの人と日々会っています。そして会食を繰り返しています。そういうところで、新たな情報やアイディアを聞き、キヅキ、カタチにしているんです。だからこそ、そういった人たちはまた、倍速で成長しているのかもしれません。

業界外との繋がりもより一層強める

新卒と大きな違いは、ここかもしれません。もはや業界内の人との繋がりだけでは足りません。どんどん知らない業界、知らない人と出会っていきましょう。そこに何が生まれるか、なんて出会ってみないとわかりません。だって新たなサービスだって、そうやって生まれてきたのですから。食とITが出会って食べログができたし、写真とITが出会ってフォトクリエイトができたんです。それが革新的だからこそ、彼らはマーケットから必要とされ、上場できたのです。

信頼できる今の繋がりから、縦の繋がりだけではなく、横の繋がりも拡げていく。それが一番良い手法だと思います。誰彼構わず会うこともひとつの手段ですが、良い人たちだけとは限りません。悪い人や騙そうとしている人、マルチに引きこもうとする人、出会いを拡げようとした時、そこにはたくさんの罠もあります。注意していても、避けるのはなかなか難しいです。色んなところに潜んでますからね(笑)ここでこそ、今までの繋がりを活かすべき時です。信用できる人、信頼してる人、昔の仲間、そんな人たちにどんどん紹介をお願いしましょう。ビジネスパートナーやクライアント、社内外問わず、です。

これができれば最強!のスタイル

繋がっている人が勝手に『この人、◎◎さんと合うと思うんだよね。向かってる方向とか、想いの部分とか。今度会ってみる?』と言ってもらえる状態にしておくこと、でしょうね。『今度◎◎さんと飲むんだけど、会わせたら面白いだろうから、来る?』なども良いですよね。その人自身から、楽しそうな空気とか、ワクワクする感じが、勝手に伝わってくる。そういう空気感が漂ってて、ワクワクが共鳴しような人というのは、とにかく人を紹介してもらいやすいです。人に紹介する価値がある人。そうあることが、人と人の繋がりを拡げられる(拡げやすい)最強の状態と言えます。営業することなく、案件が(断るほど)舞い込んでくる、そんな売れっ子クリエイターと同じ、とでも言いましょうか。

最後に、僕が人に紹介したい!と思うタイプの人をここに記しておきたいと思います。

 ー起業家/サラリーマンを問わず、自分のやっていることに誇りや自信を持っている人
 ー仕事やプライベート、趣味、何事にもエネルギッシュな人
 ー言っていること、やっていることに芯が通っている人
 ー自分を大事にしている人/人を大事にしている人
 ー食やファッション、音楽などのカルチャーに造詣の深い人
 ー人の話を良く聞く人、そしてその話にしっかりと向き合える/応えられる人
 ー教育や成長に興味があり、人にどうにか良い影響を与えようと努めている人
 ー結果を出している人/挫折を知っている人

こんなところですかね。

付き合う人を変え、出会う人を増やすこと。自ら変わらない環境から抜け出し、新たな知識をインプットアウトプットすること。これは、ひとりの社会人として、ビジネスパーソンとして、成長、そして独り立ちするには非常に重要なことです。

今そこにあるモノだけで満足しない。時間は有限だからこそ、今の付き合い方を大きく変えなければ、新しい人には出会っていけません。限られた時間を有効に使うこと、それはこんなところにも言えることだと僕は思います。

新しい人と出会い、この人と何かしたい!この人のためにコレをしたい!そう思うことから、0→1が生まれる気もしています。ぜひ皆さんも自らの人財価値を上げるために、たくさんの人と出会ってください。今ココにある居心地の良い場所、に留まることは成長を大きく阻害します。意識して、自ら動いていきましょう!

株式会社プラスクラス
代表取締役 平地大樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。