メンタルコーチのススメ

皆さんはメンタルコーチという言葉を聞いて持つ印象はどんなですか?精神的に参ってしまった人がつけるコーチだと思いますか?それともメンタルを強くするためのトレーニングをしてくれるコーチだと思いますか?そもそも、コーチってなに?そんな風に思う人もいますよね。本日のエントリーはそんなコーチングについてのお話です。

 

needcoaching

 

なんでメンタルコーチを付けたのか?

 

僕は人から『悩みのなさそうな人』と良く言われます。実際の話、悩みはほとんどなくって、あっけらかんとした人間なんですけど、経営については『悩む』というよりは、いつも『頭をこねくり回してよく考えて』頑張ってる感じです。そりゃそうですよね(苦笑)

売上・収益の問題や人の問題、色々なことで考えこんでしまうことはそりゃ〜多々あります。というより、多々ありました、が正しい表現ですかね。

経営者、特に代表は誰にも相談できないことがあったりするもので、いくら会社に人が増えようとも、ひとりぼっちさや孤独さを感じることはよくあります。むしろ人が増えたほうが感じることは多いかもしれません。出てきた問題や課題にひとり立ち向かうことを求められることもよくあるからです。

僕もご多分にもれず、一時期そうなりました。どうにもこうにもならず、頭がパンク寸前でした(苦笑)心はすでにパンクしてたかもしれません。

そんな時に僕が頼ったのが『メンタルコーチ』でした。正直、『悩みを解決してくれるかも』という甘い気持ちで連絡を取りました。コーチはその人柄が非常に重要となると思っていて、僕は幸い信頼できる友人から紹介してもらいました。

僕が尊敬しているプロバスケ選手がいるんですが、その彼が以前にメンタルコーチを付けて非常に良かった、と話してくれていたことを思い出し、藁をも掴む気持ちで連絡をしました。

 

メンタルコーチとは?

 

コーチの川野さん

 

徳島から東京まで即駆けつけてくれた川野さん。今では絶大な信頼を寄せる僕のコーチです。部活経験があったりする人は、コーチって色々と教えてくれる人、という認識が強いと思います。でも、このコーチ、というよりコーチングはちょっと違います。

『教える』というよりは『引き出す』。

そんな印象です。メンタルコーチは現状の悩みや考え事、そんなことの解決をするために、彼ら特有のフレームワークを使って、そのコトに、僕に、対峙してくれます。

決して解決はしてくれません。

これは大事なポイントだと思っていて、相談をして、答えをもらう。それではまた悩んだ時に困る。またそこでストップしてしまう。思考停止にならないように、困った時、悩んだ時、どう考えれば良いか、どう行動すれば良いか、そもそも、なんで困ってるのか、なんで悩んでいるのか、そういった根本的かつ本質的な課題を浮き彫りにするために、とことん対話してくれます。

『それはどうしてそうなったのかな?』『それはどうなると嬉しいかな?』とどんどん深堀るための質問を投げかけてくれるのです。

 

自分との対話が始まった→深まった

 

どんどんくる質問に答えていくことで、どんどん深層心理まで入りこんでいきます。自分では考えてもいなかった深い部分まで、思考を到達させてくれます。本質的な課題発見まで、とことん付き合ってくれるのです。

結局、悩みや考え事、課題や問題というのは自分の中にあり、そこに気付くのが遅いことでそれが不可避なものになってしまう。コーチは、その根本的なところに気づかせてくれるのです。

自分は本当にどう考えていたのか?人はどう考えてくれてたのか?人はどう感じていたのか?その対話は、色々な角度から自分の考えや意思に向きあわせてくれる機会となります。

いくら強い自分を持っている人でも、いつのまにか肩の力がギッチギチに入ってカッチカチになってることってあると思うんです。そんな力を抜いてくれて、ちゃんと思考へと脳を向けてくれます。

そうして、自分の想いや考えにちゃんと向き合える環境にしてくれます。それがどれだけ重要なことか、それすら知らない、感じていない人がほとんどな気がしています。

僕は月に2回川野さんと会い、約2時間くらいかけ、セッションをしています。場所は様々で、外の会議室やカフェ、自分の会社の打ち合わせルーム、時にはskypeや電話でも。このセッションを繰り返すことで、本当に自分との対話が深まりました。それは自分を知るキッカケにもなったし、人の感じ方を理解するキッカケにもなりました。

 

ビジョンが強固なものなった

 

何より大きかったのは、自分の事業に対する想いや組織に対する想い、要は僕のビジョンがより強固なものになったな、と感じたことです。元々『こういう事業がやりたい!』と思って起業した僕が大きくブレることはないのですが、ディテールの部分で、その都度の悩みや迷いから、推し進めるべきビジョンにブレが生じてしまうことってあると思うんです。

『本当にコレで良かったんだっけ?』と自問自答する中で、回答が出せないものが出てくるんですよね。コーチングを繰り返したことで、そんなことがなくなるほど、ビジョンが固まる。ビジョンに照らし合わせて、コレならOK、それはNG、という判断がしやすくなりました。

つまり、ブレなくなったんです。一瞬でもブレることがないくらいに、今の僕は明確に、ハッキリと、判断ができるようになっています。自分についても、組織についても事業についても、どこを強め、どこを削るか、など今は悩むことがほぼありません。

もちろん、考えることはありますし、時に考えこむこともあります。そんな時間が短くなった、と感じています。これは時間のない経営者にとっては、本当にありがたいことで、このコーチングの結果が自分に出ているな、と手に取るように感じています。

 

友人にも拡がった、社内でも活用してみた

 

こんな素晴らしい体験ができるコーチング、メンタルコーチの存在を伝えたい!と思うのは当たり前ですよね。それでこうしてエントリーも書いてます。リアルでは、まずは僕の大切な経営者仲間にこの話をしてみました。みんな容易に共感をしてくれ、川野さんと会ってくれました。やはりどんな優秀な人でも、同じような悩みを持っているんだな、と再認識しましたね。紹介したほとんどの人が今やコーチングを受けています。

コーチングの使い方は人それぞれで、僕みたいに自分との対話を深めるために活用している人もいれば、自分の心を整えるために活用している人もいる。ビジョンやミッションを決めるために活用している人もいる。活用方法は様々で、でもきっと自分との対話に重要性を感じることができた人が活用している、と感じています。

そして、僕にとっては家族の次に大切な第二の家族、社員にも活用してみました。まずはチームビルディングとして、コーチにはファシリテーターになってもらい、みんなの価値観の話をすることにしました。私生活で何を大切にし、仕事で何を重んじているか。そんなことを何時間もかけて、何回も繰り返し、語り合いました。その思考を深堀る役割をコーチに任せました。

結果、そこから僕たちの会社の新たな理念(フィロソフィー)、ミッション、ビジョン、が生まれました。ビックリの副産物(笑)これは驚きの内容なので、また追って違うエントリーで書きたいと思います。

 

もっと日本でも拡がることに期待

 

冒頭に書いたように、『メンタルコーチ付けてるなんて、精神的に参ってるんだろうな』と思われることが多い日本。実は海外ではCEOや社長、代表を務める人材にはもちろん、結果を求められるプロアスリートやエリートビジネスパーソンには必ずと言っていいほどコーチが付いている、と言われています。

それくらいメンタルコーチは主流というか、ベーシックなんです。よく精神論が語られる日本では、他人にオープンマインドで付き合い、自らを強めるために人を頼ることは、まだ馴染まないのかもしれません。

でも、今の日本には本当に悩んでる人や考えこんでしまっている人が多い。そんな現況から解放されて、もっと自由に思考し、強い信念で自分のやりたいこと、取り組みたいことに向かって行くべきなのに、そうではない現実。日本のこれからの発展をすごく危惧しています。

いや、日本なんか大きな話は別にココではいいか。もっと身近なところで、このままでは、あなた自身の大きな発展はないと思うんです。もったいないですよね?嫌ですよね?コーチ、コーチングをぜひ多くの人に活用してもらいたいな、と心の底から思っています。

もっと色んな人にコーチングというものを知ってもらい、感じてもらいたいな、と思っています。自分との対話を深め、自分のビジョンやミッションを明確にすることで、ブレない人間になることができます。

人の評価ではなく、自分が満足できる人生を歩めると思うんです。そんな小さな機会を作るためにも、僕が主催する『平地塾』ではコーチングも学んでいけるようにしたいと思います。もちろん、川野さんに協力してもらって。

 

株式会社プラスクラス
代表取締役 平地大樹

 

Share on Facebook
LINEで送る

2件のコメント

  1. 川野操作 wrote:

    平地さん
    過分なお言葉ありがとうございます。
    私にとって、平地さんとのセッションは、感動の連続でした。
    自分の心の底の想いに気がついた時の平地さんの涙、
    自分の人生の目的に気がついて、緊張の面持ちで私の方を見た時の平地さんの表情、
    ひとつひとつが鮮明に思い出されます。
    私は、この仕事の醍醐味を、人の人生ストーリーに触れて感動できることだと思っています。
    その点、平地さんとのセッションは、笑いあり、涙あり、感動ありで、最高でした。(笑)
    これからもよろしくお願いいたします。
    平地大樹という男の生き様、見届けさせてもらいますね。

  2. hirachi wrote:

    川野さん、わざわざこちらにもコメントありがとうございます!ともに川野さんと歩んでる感じ、僕も感じてます。川野さんに出会えて本当に良かった。これからも僕も会社メンバーも皆がポジティブに仕事に集中できるように、サポートをよろしくお願いします!!

コメントを残す